株式投資

【SPYD】SPDR ポートフォリオ S&P 500 高配当株式 ETF【SPYDとは?】わかりやすく解説

こんにちは、けい(@keisky5)です(^^)/

 

人気海外ETFの1つである SPYD 」について紹介します。

ETFは少額から分散投資ができ、リアルタイムで取引ができるのが特徴です。

 

 




SPYDとは

 

SPYDはS&P500に高配当指数に連動を目指し、元本成長の機会を追求する低コストETFです。

 

SPYDについて

 

少しかみ砕くと

低い管理費用でS&P500の構成銘柄の中から、配当利回りの高い上位80銘柄で構成されている米国ETFです。

 

そもそもS&P500構成銘柄は、時価総額が大きかったり利益を出し続けたりなど一定レベルの条件を満たしています。

SPYDはそのような米国を代表するインデックス( S&P500 )の一部となります。

 

高配当上位80銘柄の構成を維持する為、1月と7月にリバランス( 銘柄入れ替え )されています。

 

SPYD 基本情報

 

SPYDの基本情報をみていきます。

 

SPYD基本情報について

 

運用会社ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ
信託報酬0.07%(税抜き)
分配スケジュール年4回
利回り4.82%
投資先S&P500指数構成銘柄 高配当利回り上位80銘柄
投資スタイル均等加重平均

参考数値:ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ (2021年4月12日 現在)

 

信託報酬が0.07%でとても低コストなのが特徴です。

100万を運用していたとしても年間700円しかかかりませんね。

 

SPYD分配金について

 

分配スケジュールは年4回「3月・6月・9月・12月」となります。

コロナ禍の中でも、SPYDの直近分配金は増配しました。

 

直近分配金推移

2020年3月 0.396187ドル

2020年6月 0.365715ドル

2020年9月 0.263572ドル

2020年12月 0.606617ドル

2021年3月 0.636159ドル

2021年6月 0.398912ドル

2021年9月    0.386582ドル

参考数値:Bloomberg

 

2020年と比較し、2021年3月と6月に続き9月の分配金も増配しました。

コロナ禍で2020年度は減配した為、分配金が戻ったという印象ですね。

 




SPYD 保有銘柄

 

SPYDの保有銘柄についてみていきます。

 

SPYD保有銘柄について

 

 

均等分散となっているので、1銘柄の比率は1~1.8%程度です。

 

1月と7月にリバランス(銘柄入れ替え)による変化は以下の通りです。

順位銘柄比率
1位Pfizer Inc.1.41%
2位Hanesbrands Inc.1.37%
3位Franklin Resources Inc.1.36%
4位Comerica Incorporated1.36%
5位Marathon Petroleum Corporation1.34%

参考数値:ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ (2021年8月16日 現在)

 

上位5位にフォーカスすると、コメリカ以外の銘柄はリバランスされました。

高配当を維持する為に不人気な銘柄も入ってきますが、アメリカに選ばれている代表的な企業の中なので心配ないと思います。

 

グロース株のような株価の成長を見込むことはできない一方、高配当の恩恵は得られるETFとなりますね。

 

SPYD セクター別構成比率

 

SPYDセクター別構成比率についてみていきます。

 

SPYDセクター構成比率について

 

参考数値:ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ (2020年12月31日 現在)

 

景気回復に強いセクター(金融・情報技術・不動産)が約50%を占めています。

 

1月と7月にリバランス(銘柄入れ替え)による変化は以下の通りです。

順位セクター(業種)比率
1位金融18.20%
2位公益事業17.46%
3位不動産15.94%
4位エネルギー11.21%
5位生活必需品8.65%

参考数値:ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ (2021年8月16日 現在)

 

上位4セクターで6割以上を占め2020年と比較し、金融セクター比率は10%程下がりましたが、さほど変化していない印象です。

 

 

SPYDは高配当を維持する為に業種の偏りがどうしても出てしまい、株価の変動に影響を受けやすくなっています。

その為コロナの影響で株価は大きく下落しましたが、現在は回復しています。

(2021年4月25日のSPYDのチャート)

 

まとめ

 

このようにSPYDはアメリカの代表的企業の中の高配当銘柄が選定されています。

 

ポイント

配当金利回りは4.82% (年4回に分配)

信託報酬は0.07%

保有銘柄は均等分散(1.3%前後)

セクター(業種)の50%は景気に強いセクター

インカムゲインが狙える

1月と7月にリバランス(銘柄入替)

 

人気海外ETFの1つであるSPYDは1株からでも購入できます

現在1株40ドル程なので4,000円程から始められます。

 

たった4,000円でアメリカの高配当主要企業に投資できるのが人気の理由かもしれませんね。

セミリタイアやFIREを目指されている方には注目のETFです。

 

 

 

ETFを購入するには、証券口座の開設が必要です。

 

SBI証券選ばれる5つの理由

・取引手数料が安い

・為替手数料が安い

米国ETFの定期買付サービスが使える

・Tポイントが貯まる・使える

・iDeCoのラインナップが豊富

 

住信SBIネット銀行と連携させることでお得にサービスを受けることができるのが特徴です。

 

SBI証券口座の新規開設はこちら

 

尚、当ブログ以後のSPYDの最新情報はこちらをご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました(^^)/

  • この記事を書いた人

けい@株式投資×節約

1991年生まれ。家族との時間を増やす為、節約×資産運用でセミリタイアを目指しております。よろしくお願いします♪

-株式投資
-, , , ,

© 2021 けい@投資×節約 Powered by AFFINGER5