節約

【必見】0から生まれるお金【Part1】

みなさんこんにちは(^^♪

 

本日は、0から生まれるお金について

ご紹介していきたいと思います。

 

この記事では、多くの「 実例・実績 」を

ご紹介していくつもりなので、

シリーズ化していこうと思います。

 

では、記念すべきpart1です(^^♪

 

 

 

 




0から生まれるお金って?

 

0から生まれるお金ってどういう意味?
いぬ
けい
ずばり、節約です!

 

節約とは、支出のムダを減らすことです。

 

もし10,000円のムダを見つけた場合

 

1年間で120,000円

10年間で1,200,000円

30年間で3,600,000円

 

と、ムダを一つ見つけ改善するだけで

お金が積立式に0から増えていきます。

 

このように、毎月の支出を見直し
ムダをみつけることが大事なのではないでしょうか。

 

 

なぜ、0から生まれるお金が大切なのか

 

なぜ大切なの?
いぬ
けい
今気が付けば、将来に残る資産が増えるからです!

 

0から増やすお金は将来の資産を築き上げる

第一歩なのではないでしょうか。

 

 

よくこのような声を耳にします。

 

・お金がなかなか貯まらない...

・ローンが多くて貯金に回せない...

・生活費でギリギリだ...

 

など、当てはまる方はいないでしょうか。

 

0から生まれるお金に気づく事ができ

実践することができたら

 

・老後の資金が確保できる。

・教育資金が確保できる。

・生活費に余裕がもてる。

・たまに贅沢できる。(※頻繁にすると意味がありません)

・心に余裕がもてる。

・時間に余裕がもてる。

 

など、良いことしかありません。

 

しかし私生活では、0から生まれるお金になかなか気付くことができません

なぜなら、その生活が習慣になっているからです。

 

では、気付くためにはどうしたらよいか。

多くの方の節約やムダの省き方を、インプットすることです。

 

そこで実際私が実践した、節約・ムダの省き方をお伝えしていきます。

 




0からの実例と実績 part1

どういう節約・ムダをなくしてきたの?
いぬ
けい
まず今回ご紹介するのは、食費についてです。

 

人が生活を行う上で必要な、「衣食住

このなかの「食」にポイントをあてました。

 

結論からいいますと、「 約 5,000円/月 」 節約できました。

 

どのようなことを実践してきたか具体的にお伝えます。

 

1.スーパーの買い物は1週間に1回、冷蔵庫を空にする。

 

2.ふるさと納税を食費にあてる

 

 

自炊や、弁当をつくるといった節約方法もありますが

実際我が家では行っていたことなので

新たに改善し、節約できたことがこの2点となります。

 

さらに具体的にお伝えしたいと思います。

 

1.スーパーの買い物は1週間に1回、冷蔵庫を空にする。

 

我が家のポイントは3つ

 

・スーパーの行きつけを決めておく。

我が家の行きつけはイオンBIGです。

株主優待制度を利用しているので特売日+3%の還元を得て

節約に節約を重ねています!

 

・購入するときは少し多めに。

食は人間にとってエネルギーであり必要不可欠なものです。

食材が少なくて健康が疎かになってしまっては

意味がありません。

料理する時、卵を割ってしまったり、

間違えて食材を落としてしまったりすることは

どこのご家庭でもありますよね!

 

・メモをとっておくこと。

あの時、買いすぎたな..や

もう少しあの食材が欲しかったな..

など、一週間のまとめ買いの反省点

でてくると思います。

バランス良く冷蔵庫を空にするために

簡易的なPDCAサイクルを

ご家庭で実践してみるのも良いかと思います。

 

PDCAサイクルとは?

Plan   計画的に

Do     実行する

Check   見直して

Action  再び行動する。

 

食品ロスという言葉を飲食店などで

良く耳にするかと思います。

実際これは各家庭でもありがちで

消費期限を過ぎ捨てるといったことが

多々あるのではないでしょうか。

 

いかに毎日バランスをとれた買い物をし、食事とり

節約していくか、実践することで習慣になり

当たり前になってしまえば、こちらのものです(^^♪

 

2.ふるさと納税を食費にあてる。

 

ふるさと納税については、こちらでご紹介してきました。

 

ふるさと納税は、所得に応じて控除限度額が定められています。

たとえば40,000円の控除限度額が設定されていて

20,000円程度の返礼品をいただくことができます。

(※選択する自治体により異なります。)

 

そこで、返礼品を毎月かかる食費「肉や米」に選択することにより

毎月の食費をスーパーで買わず、節約することができます

 

 

 

 

まとめ

 

0から生まれるお金は、普段の生活を送る中で

なかなか気付くことができないと思います。

 

しかし、このように気づくことができると、

毎月のランニングコストが軽減できることが分かりました。

 

今回、ご紹介させていただいたものは1例であり

これらの積み重ねでとても大きな資産を

生み出していけるのではないでしょうか。

 

本日の実例で月5,000円節約でき、

同じような節約術を5つ組み合わせる事ができたら

月25,000円を節約できることになります。

 

毎月25,000円で得られるお金

1年間で    300,000円

5年で   1,500,000円

20年で    6,000,000円

 

となります。

 

毎日の生活に節約を意識できる方は

少し余裕のもった生活をおくれるのではないでしょうか。(^^♪

 

 

 

  • この記事を書いた人
けい@株式投資×節約

けい@株式投資×節約

1991年生まれ。家族との時間を増やす為、節約×資産運用でセミリタイアを目指しております。よろしくお願いします♪

-節約
-, , , , , ,

© 2020 けい@投資×節約 Powered by AFFINGER5